鋼板加工ニュース

2022.03.01

2022.03.03

ガス溶断加工
コスト
穴あけ加工
納期

お客様のお悩みを解決!鋼材加工における当社の提案事例をご紹介!


坂元鋼材は、創業以来80年以上にわたり大阪で鋼材加工を行ってきました。業界の中で「品質」「対応力」で1番になることを常に心がけており、お客様のあらゆるお悩みを解決してまいりました。そこで、本記事では当社が実際にお客様のお悩みを解決した提案事例の一部をご紹介します。

1.機械加工の工程削減

上記の写真のような極厚の複雑形状部品は、NCプログラムにより加工を行うと、準備時間が30~40分程かかってしまいます。この準備時間が加工費に含まれるため、加工費が余分に高くなります。当事例のお客様はこの加工費の高さに課題を抱えておられました。そこで、当社にてガス溶断により切断だけでなく加工まで一貫して加工を行うことをご提案しました。ガス溶断にて切断から加工まで行なったことにより、大幅な加工費の削減を実現することができ、お客様に大変ご満足頂いた事例となります。

2.極小穴加工もガス溶断で対応

一般的に、極小穴加工が行われる製品は機械加工に回されます。しかし、当社では高精度なガス溶断にて極小穴加工が可能です。実際に当事例では、30ミリ厚の製品にφ15の極小穴加工を施しています。ガス溶断にて切断から極小穴加工まで一貫して対応したことにより、コストダウン、納期短縮を実現しました。

3.超短納期対応 従来の1/2以下も

当社は、即加工・即納のスピード対応が強みであり、最短即日で加工・発送することが可能です。当事例のお客様は納期の面で課題を抱えており、短納期対応に強みを持つ当社にお声かけいただきました。当社にてお客様のご要望を実現するため、即日加工、即日発送にて対応しました。その結果、お客様に当社の対応力を評価いただき、継続的にご依頼を承っております。

大阪での鋼板加工なら当社にお任せください!

今回は、お客様のお悩みを解決した当社の提案事例についてご紹介しました。

レーザー・プラズマ・ガス溶断加工センターを運営する坂元鋼材株式会社は、関西鋼材業のメッカである大阪・九条の地で長年にわたり鋼材加工一筋に歩んでまいりました。当社は、レーザー切断だけではなく、プラズマ切断・ガス溶断にも対応し、0.5mmから150mm厚までのあらゆる鋼板を加工しています。さらに、当社はあらゆる協力会社と連携しているため、曲げ加工、溶接加工、組み立てまで一貫して対応することが可能です。

鋼板加工にお困りの方は、レーザー・プラズマ・ガス溶断加工センターまでお気軽にお問い合わせください!

>>お問い合わせはこちら!

大阪から全国へ
加工・配送対応!

レーザー・プラズマ・ガス溶断の短期品・
一貫加工品はお気軽にお問い合わせください。