鋼板加工ニュース

2023.04.16

2023.05.23

講演会

「日本で一番大切にしたい会社」を訪問して


「日本で一番大切にしたい会社大賞」という賞のことをご存じでしょうか。

中小企業研究の第一人者・坂本光司教授が中心となって創設されました。

企業経営とはとかく「利潤追求」が求められます。

そのために過度な競争に陥ったり、社員に犠牲を強いたり、

あるいは偽装や不正といった目を覆う事態も報道されたりします。

そんな世界とは無縁の企業が存在します。

お客様満足度を追求し、社員の幸福度が高い。

社会への貢献度でも認知されている。

そして、高収益でもあること。

そんな奇跡のような会社を表彰する「日本で一番大切にしたい会社」。

その大賞受賞企業である「徳武産業株式会社」を3月に訪問してきました。

経営に息づく利他の心

同社は介護用シューズで圧倒的なシェアを誇ります。

その秘密は、使う人の立場に徹底的に立った商品開発です。

靴の世界ではご法度だった「左右サイズ違い」の販売が典型例です。

介護が必要な人は、足の変形で左右のサイズが違う人がいらっしゃる。

そんな人たちの必要を満たすこと、顧客の細かな要望に応え続けること。

パーツオーダーシステム、片方販売も同じ発想です。

業界の常識を超えて「顧客の願望」を聞き続けた結果、会社が大きく発展。

利他に徹することから今日の隆盛が築かれていました。

3月末、仲間の経営者たちと香川県の同社を実際に訪問しました。

社長の徳武聖子さん自らの案内で社内を見学。

田園地帯の中に佇む美しい会社でした。

高齢者や介護の必要な方が少しでも楽なように。

そんな思いで顧客の声に耳を傾け続けた経営。

その利他の心が社員さんたちに行き渡っていました。

介護用シューズと鋼板加工。

坂元鋼材は扱う商材は違えども、同じ製造業です。

徳武産業さんを見学して思ったのは、

確かに製造業ではあるけれども、サービス業に通じる徹底した顧客目線でした。

私たちは鋼材加工業において、徳武産業さんのような利他の心を経営に実現したい。

そう強く思った訪問でした。

素顔の徳武社長

私はこの徳武聖子社長と数年前から親しくさせていただいています。

全国の中小企業経営者が集う経営セミナーで

徳武社長とともに経営を学んできました。

  • 経営の目的は利潤の追求ではない、利益は目的でなく結果。
  • 顧客満足度、社員幸福度、社会貢献度の追求。
  • 人軸経営の実践は、経営者の人生理念づくりから始まる。

そのような教えに触れ続けてきました。

好業績で人間関係もよい企業づくりを目的に、ともに学び続けています。

この学びを共にする同業種(製造業)の経営者とともに、

このほど経営者グループを立ち上げました。

JPSA(一般財団法人日本プロスピーカー協会)製造業部会。

その設立記念講演会を4月21日(金)の夜にオンラインで行います。

徳武聖子社長の講演にぜひ触れてみてください。

第2部のパネルディスカッションでは私も登壇させていただきます。

製造業の世界に「大切にしたい会社」を1社でも多く作ることが目的です。

お時間許せましたら、ぜひお聴きください。

どなたでもご参加いただけます。

―――――

  • JPSA製造業部会 設立記念講演会

日時:2023年4月21日(金) 19:00-20:30

オンライン開催、参加無料

第1部:特別講演

テーマ 「なぜ、あの会社は好業績で人間関係も良いのか?」

講師:徳武聖子氏 (徳武産業株式会社 代表取締役社長)

第2部:パネルディスカッション

3名の製造業経営者による特別セッション

パネラー:

長澤貢多 氏 (ナサ工業株式会社 代表取締役)

坂元正三 氏 (坂元鋼材株式会社 代表取締役)

笠野晃一 氏 (東陽精工株式会社 代表取締役)

>>>お申込みはこちら!

関連記事

    関連記事はまだありません。

ランキング

    関連記事はまだありません。

大阪から全国へ
加工・配送対応!

レーザー・プラズマ・ガス溶断の短期品・
一貫加工品はお気軽にお問い合わせください。